沖縄県デイサービス 看護師・介護士求人情報

  • 高待遇の介護の求人

    今のお勤め先に不満がある方って多いですよね。
    不満の1位はお給料。
    次に人間関係と続きますが、福利厚生、有給休暇、残業が少ない・・・
    就職先に求める条件って多いですね。
    最近では高待遇の介護施設が増えて来ていますが、実は公表出来る形での求人は少ないです。
    非公開の求人の中にこそ「高待遇の求人」があります。
    一般的に売られている求人誌やハローワークの求人などは誰でも入手出来る情報ですから、平均的な諸条件しか書かれていません。
    あなたが「高待遇」の介護施設をお探しなら是非、非公開の求人から納得出来る就職先を選択することをオススメします。

    今の給与で満足してますか?

    沖縄県デイサービスの介護施設では待遇改善で充実しています!
    転職希望の方の多くは安い給与に不満がある!事です。今の職場で我慢して働くよりも給与UPは転職が一番です。
    最近は政府の取り組みにより給与や待遇が改善されて来ています。しかし、同じ職場に居ると給与がUPされないって事がありませんか?

    カイゴジョブ申込み

沖縄県の具体的な介護取組内容(参入促進)

介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

○(1)高校訪問:高等学校進路指導担当教諭に対し、福祉・介護職の魅力や需要の高さ等を説明、進学に関する相談・助言
○(2)進学説明会:離島を含む県内高校の高校生に対する職業説明や個別進学相談の実施
○(3)オープンキャンパス:職業紹介や体験、在校生や教員による個別相談
○(4)職業講話:小~大学生、一般県民に対し福祉・介護の仕事の大切さと魅力を伝える
○(5)啓発チラシの配布:高校訪問、オープンキャンパス、介護の日関連イベントの際に配布し、福祉・介護の仕事の魅力を伝える

⇒●約2,000人に対する啓発
●介護福祉士養成施設 50人の入学

その他の「参入促進」の取組

○介護福祉士等修学資金貸付事業
○介護福祉士等養成施設に在学し、資格取得を目指す学生に対して修学資金の貸し付けを実施

⇒●91名に対し7,072万円の新規貸し付け

沖縄県の具体的な介護取組内容(資質の向上)

マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

○訪問介護事業所におけるサービス提供責任者の資質向上を目的とする研修を開催【基金】
○喀痰吸引等業務を行う介護職員等を養成するため、介護職員向け研修及び指導者向け研修を実施【基金】
○認知症患者への適切な対応を確保するため、医療・介護従事者に対して研修を実施【基金】

⇒●医療的ケアの実務者を330名養成
●マネジメントの実務者を60名養成
●認知症ケアの実務者を386名養成

その他の「資質の向上」の取組

○市町村、日常生活圏域等に配置される生活支援コーディネーターの養成研修を実施【基金】
○成年後見人の養成及び活動を支援する事業を実施【基金】
○権利擁護支援体制を構築するために、地域支え合い協力員、生活支援員等を養成する研修を実施【基金】

⇒●生活支援コーディネーターを157名養成
●市民後見人を35名養成
●権利擁護の支援者を57名養成

人材育成に取り組む事業所の認証評価制度の検討状況

【現状】
沖縄県人材育成企業認証制度(平成25年11月に創設した、行政が人材育成に優れた企業を認証する全国初の制度。商工労働部雇用政策課が所管。)を創設している。
平成26年度実績:9社が認証取得。うち介護部門は1社。

【今後】
同制度の認知度が十分ではないと思われるので、集団指導等を通して広く周知及び利用促進を働きかけていく。

あなたが求めるやりがい・働きがいとは?

一口に「やりがい・働き甲斐」と言っても、その内容は人それぞれです。

  • 自分の能力を発揮できて、かつそれに見合うお給料をいただけること。
  • お給料は平均的にあればいいが、経験が積めること
  • 職場の雰囲気がよく、連携が取れているので自分のモチベーションもあがること

あたながどれだけ意欲を持っていても、法人や施設・事業所の理念や運営の在り方に不満があれば、働き甲斐は感じられません。また、あなたの能力も発揮しにくくなります。

就職・転職をする際にあなたがどんなことに喜びを感じるか、自分がやりがいを感じるときはどんな時かをまず考えてみましょう。


あなたが見たことのない、お給料のいい介護施設の求人があるかもしれません。


あなたの希望を叶える求人があります。

カイゴジョブ申込み

移動介護従事者の仕事内容

移動介護従事者(ガイドヘルパー) とは

【仕事の内容】
視覚障がい者、車椅子利用者、知的障がい者などの外出に同行し、支援を行うお仕事

①対象者の安全に留意しながら、外出先での行動を支援する
②障がい者の自立と社会参加の促進を支援する
③社会活動などへの参加に同行し、行動を支援する など

【勤務場所】
市区町村による指定事業所

【必要な資格】
移動介護従事者(市区町村認定資格)
※1 全身性障がい者、視覚障がい者の外出同行は、ホームヘルパー資格では対応不可のため、プラスαの資格として取得する方が多いです。
※2 ガイドヘルパーのニーズは増えているが、役所の福祉課などからの紹介が多く、求人情報としては本資格単体ではほとんど案件がありません。

先ずは施設を確認して下さい。

カイゴジョブ申込み

短期で働ける介護士パート

単発・短期・派遣と広がる介護士の働き方

短期や単発の仕事は、全職種問わずに働く期間が定められている働き方です。

・単発・・・・勤務日数が10日以内
・短期・・・・勤務日数が11日~3ヶ月未満

という求人が一般的とされています。

またこれらの仕事を効率良く探すには、派遣社員として働いているという方が多いのも特徴です。

仕事を探す場合は、その業界に特化した専門サイトで探す方がいろいろな情報を得ることができます。

また派遣や専門サイトですと、自分の希望の条件を伝えると、極力希望にそった条件の仕事を提供してくれます。

短期で仕事を探しているという人の主な理由は、

・自分のライフスタイルに合わせて仕事をしたい
・次の仕事が決まるまでの間だけ働きたい
・キャリアアップを目指している

など、いろいろな理由がありますよね。

他に短期で働く場合は、煩わしい人間関係から解放されるというメリットもあります。

以前正社員として介護職で働いていた時に人間関係で辞めてしまったという人も、短期間であれば働く日数も決まっているので割り切って働けるのではないでしょうか。

またいずれは正社員として働きたいと思った場合にも、短期でいろいろな介護の仕事を経験できたら自分に合った仕事を見つけやすくなりますね。


介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

簡単登録で求人確認

カイゴジョブ申込み

看護師・介護士求人情報:地域検索

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ