岡山県有料老人ホーム 看護師・介護士求人情報

  • 高待遇の介護の求人

    今のお勤め先に不満がある方って多いですよね。
    不満の1位はお給料。
    次に人間関係と続きますが、福利厚生、有給休暇、残業が少ない・・・
    就職先に求める条件って多いですね。
    最近では高待遇の介護施設が増えて来ていますが、実は公表出来る形での求人は少ないです。
    非公開の求人の中にこそ「高待遇の求人」があります。
    一般的に売られている求人誌やハローワークの求人などは誰でも入手出来る情報ですから、平均的な諸条件しか書かれていません。
    あなたが「高待遇」の介護施設をお探しなら是非、非公開の求人から納得出来る就職先を選択することをオススメします。

    今の給与で満足してますか?

    岡山県有料老人ホームの介護施設では待遇改善で充実しています!
    転職希望の方の多くは安い給与に不満がある!事です。今の職場で我慢して働くよりも給与UPは転職が一番です。
    最近は政府の取り組みにより給与や待遇が改善されて来ています。しかし、同じ職場に居ると給与がUPされないって事がありませんか?

    カイゴジョブ申込み

岡山県介護の具体的な取組内容(労働環境の改善)

代替職員の確保等による研修機会の確保

○職員に研修を受けさせる事業所について、代替となる職員を派遣する。
○介護福祉士養成校の教員等が、事業所の養成により、事業所へ出向き研修を実施する【基金】

⇒○介護職員の資質の向上をはかり、定着を促進する。

小規模事業所の協働による研修支援

○介護職員、小規模事業所グループの支援【基金】

⇒○5グループを支援

その他の「労働環境・処遇の改善」の取組

○介護現場での仕事の悩み等について、電話相談・来所相談を実施する。
○介護職員の合同入職式を開催し仲間づくりを促す。

⇒○介護職員の資質の向上をはかり、定着を促進する

岡山県の人口構成の変化

岡山県の高齢者人口

今後、0歳から14歳までの年少人口と15歳から64歳までの生産年齢人口が減少する一方で、65歳以上の高齢者人口が増加し、高齢化率は平成32年に30.5%になり、その後も30%台が続きます。

高齢者のみの世帯数

平成22年の国勢調査をもとにした世帯数の推計によると、本県の高齢者の単独世帯数は平成32年(2020年)にかけて急速に増加し、平成37年(2025年)に10万世帯に達した後も緩やかに増加し続けます。

要支援・要介護認定者数

岡山県において、要支援認定又は要介護認定を受けている者(要支援・要介護認定者)の数は、10万9千人(平成25年度末)で、その内訳は、97.9%が65歳以上の第1号被保険者、2.1%が40歳から64歳までの第2号被保険者となっています。

介護給付等対象サービスの利用状況

介護給付及び予防給付対象サービス(介護給付等対象サービス)に係る費用は、利用者の増加等により平成12年度の678億2千万円から、平成25年度の1,553億7千万円と2.3倍になっています。

岡山県介護今後の課題

今後、岡山県の後期高齢者は増加し、高齢者のみの世帯も増加することから、次のような状況が見込まれます。

① 要支援・要介護認定者の88.6%が後期高齢者である現状を踏まえると、今後、さらに要支援・要介護認定者が増加します。

② 要支援・要介護者の58.1%が「認知症高齢者の日常生活自立度」がⅡ以上であり、年齢が高くなるほどその割合が高くなる現状を踏まえると、今後、さらに認知症高齢者が増加します。

③ 食事づくり、買物、金銭管理、ごみ出しなどの生活管理は、一般的に家族が共同して行っていることを踏まえると、日常生活に支障を来し、生活支援の必要な高齢者が増加します。

さらに、
④ 要支援・要介護状態や認知症の高齢者の増加により、介護サービスの需要が増大しますが、生産年齢人口の減少で産業全体の労働力が低下する中、介護人材が不足します。

⑤ 介護サービスの利用者の増加等によりサービスに係る費用が増加し、被保険者の保険料負担と市町村や県の公費負担が重くなります。

計画の目標

○在宅医療と介護の連携の推進
○認知症施策の推進
○生活支援と介護予防の推進
○高齢者の住まいの安定確保
○介護人材の確保
○在宅サービスの充実・強化

在宅医療と介護の連携の推進

高齢者が可能な限り、住み慣れた地域で日常生活を継続しながら、必要な医療と介護が受けられるよう、医療・介護関係団体の協働のための合意形成や市町村の取組を支援します。

認知症施策の推進

認知症高齢者のさらなる増加が見込まれることから、認知症になっても本人の尊厳が重視され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で暮らし続けることができるように、早期から適切なサービスを受けることができる体制の整備や地域における見守り支援が広がるようにするための市町村の取組を支援します。

地域ケア会議の推進

地域ケア会議は、地域包括ケアシステムの構築に有効な手段となることから、市町村において、地域ケア会議が設置され、個別ケースの検討や地域課題の検討が行われるよう、市町村の取組を支援します。

中重度者を支える在宅サービスの普及促進

中重度の要介護者や高齢者のみの世帯等が増加することから、要介護状態となっても可能な限り住み慣れた地域で継続して日常生活を営むことができるようにするため、毎日複数回の訪問と通いと泊まりの機能を柔軟に組み合わせて、高齢者の日常生活全般を支えるサービスが普及するよう、事業者の新規参入に向けた働きかけを行います。

地域支援事業の推進

介護予防・日常生活支援総合事業(新総合事業)の実施が市町村に義務付けられたことから、市町村の取組が円滑に進むように支援します。

介護予防・生活支援サービスの基盤整備の推進

民間企業、NPO、ボランティア団体等の多様な主体が介護予防・生活支援サービスの担い手となって高齢者の在宅生活を支えることができるよう、生活支援コーディネーターの養成や高齢者等への普及啓発を行うなどを行います。

介護予防の推進

全ての市町村において、住民運営の様々な通いの場が誕生し、高齢者の居場所と出番の創出を通じた介護予防の取組が拡充するよう支援します。

高齢者の住まいの安定確保

高齢者が状態の変化に応じて住まい方を選択できるようにしながら、要介護状態となっても、必要な医療・介護・生活支援サービスを利用して、住み慣れた地域での生活を継続できるように、地域包括ケアシステムの前提となる高齢者の住まいの安定確保に向けた取組を進めます。

ホームヘルパー・ケアマネージャーてどんなお仕事?

ホームヘルパーとケアマネージャーは、どちらも介護・福祉業界の仕事です。

介護保険法によって介護が必要になった方に、介護サービスプランを作成し、適したサービスを受けられるよう取りまとめるのがケアマネージャー(介護支援専門員)であり、職に就くには実務経験を経た上で都道府県の実施する試験に合格する必要があります。

一方ホームヘルパーは、そのケアマネージャーの作成したサービスプランを実行する仕事。訪問介護を行ったり、施設での介助をします。これまでは講座を受講することで資格を得ることができましたが、2013年度より講座受講後の筆記試験が必須となりました。

あなたの希望を叶える求人があります。

カイゴジョブ申込み

ケアマネージャー求人のデマンド

少子高齢化が進行するにつれ、巷では介護の課題が話題にされます。

近年、特筆してケアマネージャー求人のデマンドはとても高まっています。

しかしながら、求人情報に供給が非常に追いつかない実況があります。

この課題は、今後継続すると見込まれておりケアマネージャー不足には各市町村も危惧するところです。

逆に言えば、職業を探し出したいと思ってる方は大きなチャンスです。

今後、デマンドが見込まれる介護施設で勤めることは、働く者の充実感にも繋がります。

また、近頃ではケアマネージャー求人を浸透させるため、市町村が率先して求人情報を公開するなど、たくさんの支援を推進しています。

当然、ケアマネージャーになるためには、たくさんの尽力が不可欠ですし容易になれるものではありません。

資格を獲得するためには、実務とたくさんの体験が不可欠です。

もちろん、しっかりと尽力した方には、ケアマネージャーという資格と充実感、そしてたくさんの利点が持たされることは言うまでもありません。

先ずは施設を確認して下さい。

カイゴジョブ申込み

介護職派遣求人も豊富にあります

介護職派遣求人をお探しなら、週3日勤務・週4日勤務・土日出勤なし・夜勤なしなどのご希望に合った働き方のできる職場がみつかります。こちらでご紹介している介護士の働き方は、長時間労働・長期勤務だけでなく、短期・単発・派遣といった働き方も選択できるようになっていますので、安心して求人情報をお探しください。


介護施設も介護職派遣求人に積極的です

すぐに正社員になりたいと思っても、未経験から目指すのは難しいと言われています。

それよりも介護職の派遣から始めて、経験を重ねた後に社員登用を目指したり、正社員求人に絞って転職活動を行う方が良いですね。

それに介護職も派遣からスタートすれば介護職の適性を判断しながら職場に馴染んでいきますし、「今後も長く働きたい」と思えば、正社員へのステップアップも本気で考えることができるでしょう。

介護派遣なら短時間勤務しやすいですし、正社員のように夜勤が入らない、残業がない、というメリットもありますね。

育児と仕事の両立を考えていたり、資格取得の勉強に力を入れたい場合など、充分に両立できるのではないでしょうか。

また、以前は別の業界で派遣(一般事務など)をしながらも、「ずっと介護の仕事に興味があり、タイミングが合えば働きたいと思っていた」という方もとても多いんです。

やはり介護は社会的な意義が大きいですし、日本は少子高齢化が進んでいる国ですから、今後ますます介護業界のニーズは高くなります。

高齢者が高齢者を介護する老老介護の問題もありますし、2025年に少子高齢化はピークに達すると言われています。

約4人に1人が高齢者になりますので、今のうちに経験を積むことで、より有利な条件で転職できるのではないでしょうか。

そのためには、早期に介護職に携わり、必要な介護資格を取得していってください。介護職でも派遣であれば時間に余裕がありますので、働きながら介護職員初任者研修を目指しやすいと思います。

将来的に介護福祉士やケアマネージャーを目指すなら、初任者研修ではなく、最初から実務者研修の方が良いでしょう。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

簡単登録で求人確認

カイゴジョブ申込み

看護師・介護士求人情報:地域検索

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ