三重県グループホーム 看護師・介護士求人情報

  • 高待遇の介護の求人

    今のお勤め先に不満がある方って多いですよね。
    不満の1位はお給料。
    次に人間関係と続きますが、福利厚生、有給休暇、残業が少ない・・・
    就職先に求める条件って多いですね。
    最近では高待遇の介護施設が増えて来ていますが、実は公表出来る形での求人は少ないです。
    非公開の求人の中にこそ「高待遇の求人」があります。
    一般的に売られている求人誌やハローワークの求人などは誰でも入手出来る情報ですから、平均的な諸条件しか書かれていません。
    あなたが「高待遇」の介護施設をお探しなら是非、非公開の求人から納得出来る就職先を選択することをオススメします。

    今の給与で満足してますか?

    三重県グループホームの介護施設では待遇改善で充実しています!
    転職希望の方の多くは安い給与に不満がある!事です。今の職場で我慢して働くよりも給与UPは転職が一番です。
    最近は政府の取り組みにより給与や待遇が改善されて来ています。しかし、同じ職場に居ると給与がUPされないって事がありませんか?

    カイゴジョブ申込み

三重県介護の具体的な取組内容(資質の向上)

マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

○喀痰吸引等業務を行う介護職員を養成するため、介護職員向け研修及び指導者向け研修を実施。【基金】
○認知症ケアに携わる人材育成のための各種研修を実施。【基金】
○介護職員のチームリーダーとして必要な資質向上のための研修を実施。【基金】

⇒○喀痰吸引等を行うことができる介護職員を90名養成
○喀痰吸引等の研修指導者を100名養成 等

その他の「資質の向上」の取組

○成年後見人の養成及び活動を支援する事業への支援。【基金】

⇒○成年後見人の養成と制度の理解促進

介護支援専門員の資質向上等

現状と課題

○介護や支援が必要な方が可能な限り住み慣れた地域で、その人らしい、自立した生活を送るためには、多様なサービス主体が連携して支援できるよう、適切にケアマネジメントを行うことが重要です。介護支援専門員はその中心的な役割を担い、介護保険法に基づいてケアプランを作成する専門職です。
三重県では、介護支援専門員の養成に努めています。

○介護支援専門員として業務を行うには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格して一定の研修を受け、介護支援専門員として登録することが必要です。
2006(平成 18)年4月の介護保険制度改正により、5年ごとの介護支援専門員証の資格更新が義務づけられ、更新のための研修のほか、キャリアに応じた研修制度が創設されました。三重県では、これらの研修の実施主体となり、介護支援専門員の資質向上に必要な研修を養成段階に応じ体系的に実施するとともに、介護支援専門員の資格管理を行っています。

○三重県では、2010(平成 22)年度までに 7,814 人が試験に合格し、7,792 人が登録されています。しかしながら、2010(平成 22)年度までの更新対象者 5,346 人の内、更新・登録した者は、約 3,000 人とおおよそ 6 割に止まっています。
今後、要介護高齢者の増加が予想され、それに対応するためには介護支援専門員の確保が必要な状況となっています。

○今後の増加が予想される医療依存度の高い利用者に対して、適切なケアマネジメントのできる介護支援専門員の養成が必要となっています。
しかしながら、試験合格者の基礎職種別構成割合では、介護職を基礎資格とする介護支援専門員が多く、医療職は少ないという傾向があります。

○三重県では、介護支援専門員の各研修について、一定のレベルと統一的・体系的な研修内容を確保するため、介護支援専門員資質向上研修検討委員会を設置(2010(平成 22)年 4 月)し、研修階層に応じた到達目標や指導ポイント等、三重県版の基本指針を 2011(平成 23)年度に策定しました。

県の取組

○介護支援専門員は、介護保険制度の根幹をなす重要な役割を担っており、引き続き必要な人材の養成を行うとともに、体系的な研修の実施により、資質向上に努めます。

○介護支援専門員資質向上研修検討委員会で策定した県の基本指針に基づき、研修の企画・立案、研修の実施、評価、その後の研修への反映といったPDCAサイクルを構築し、研修の実効性を確保していきます。

○医療ニーズに対応し、医療と介護の連携を実現できる人材を養成するため、医療知識や医療との連携方法など、医療系の研修課目の必須化を図ります。

○要介護高齢者等に対し地域で包括的な支援を実現していくため、2014(平成26)年度までに主任介護支援専門員の登録数を 776 人(2011(平成 23)年度末 566 人)とすることを目標に養成していきます。さらに、研修の充実、フォローアップ研修等の実施により介護支援専門員の資質向上を図ります。

転職支援サービスの賢い利用法

    「転職したいのに、踏み切れない」「何となくうまくいかない・・・」

    そんな時は、迷わず転職のプロである「転職支援サービス」に登録して、思い通りの条件で転職しましよう!

    「転職のプロ」の力を借りながら転職活動をしていくことで、あなたひとりで頑張るよりも、あなたにピッタリの転職がスムーズに決められると思いますよ。

    ◆転職支援サービスを使うとこんなメリットがあります!

  • あなたにピッタリの職場や働き方のアドバイスがもらえる!
  • 個人では見つけられない非公開求人情報を紹介してもらえる!
  • 好条件・高待遇の求人情報をいち早く紹介してもらえる!
  • 「転職のプロ」があなたの転職活動を強力にバックアップしてもらえる!
  • その施設の特徴など個別事情の情報も教えてもらえる!
  • 採用試験や面接対策もバッチリアドバイスしてもらえる!
  • 仕事をしながら効率的に転職活動ができる!
  • 最短3日で転職できるくらい転職活動がスピーディー!
  • 完全無料なので安心安全!


  • 転職サービスの賢い利用法のコツは、最低でも2社の転職支援サービスに登録しておくことです。
    条件のいい非公開求人は1社の転職サービスが独占していることもあるからです。

    転職支援サービスを使って、希望どおりの転職を実現しましょう!

あなたの希望を叶える求人があります。

カイゴジョブ申込み

ケアマネージャーの役割

介護職全般を考えるとケアマネージャーの役割は大きいです。

求人情報には必ずと言っていいほどケアマネージャー求人が掲載されています。

それだけ地域で必要とされています。

市町村には地域包括支援センターが設置されており、地域ぐるみで老人福祉のサポートをしています。

最近では特に高齢化社会が進み、ケアマネージャーが中心となり、介護を必要な人たちのためにサポートをしなけばなりません。

介護を必要な人やその家族はどのような介護サービスがあり、どのぐらいの費用で利用できるかなどさまざまな疑問や不安をもっています。

このような人たちに親身になって相談にのったり、介護を必要な人が介護サービスを利用し、よりよい日常生活を送るようにサポートする仕事です。

とてもやりがいがありますので、求人情報を見ていて、ケアマネージャー求人に興味があり、もし介護の仕事がしてみたいのなら、是非お勧めします。

また他の職種より求人の数が多い傾向にあります。

先ずは施設を確認して下さい。

カイゴジョブ申込み

未経験でもオススメなワケ!

未経験なら非正規雇用もオススメなワケ!

未経験であればいきなり正社員からではなく、非正規雇用からはじめるのも手です。

特に派遣は未経験の方なら時給も高待遇ですし、なにより派遣会社に相談できたり交渉してもらえたりとサポートが受けられるのでおすすめです。

特別養護老人ホームなどでも非正規雇用で勤めていれば、夜勤をさせる施設はほとんどありません。

夜勤は慣れていないと、思ったより精神的にも体力的にも負担が大きいものです。
ただえさえ未経験で仕事に慣れていないのにさらに夜勤が入ってくると最初はかなり辛いと思います。
ただ給与はもちろん正社員よりも少ないので、そこは念頭に置いておきましょう。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

簡単登録で求人確認

カイゴジョブ申込み

看護師・介護士求人情報:地域検索

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ