京都府グループホーム 看護師・介護士求人情報

  • 高待遇の介護の求人

    今のお勤め先に不満がある方って多いですよね。
    不満の1位はお給料。
    次に人間関係と続きますが、福利厚生、有給休暇、残業が少ない・・・
    就職先に求める条件って多いですね。
    最近では高待遇の介護施設が増えて来ていますが、実は公表出来る形での求人は少ないです。
    非公開の求人の中にこそ「高待遇の求人」があります。
    一般的に売られている求人誌やハローワークの求人などは誰でも入手出来る情報ですから、平均的な諸条件しか書かれていません。
    あなたが「高待遇」の介護施設をお探しなら是非、非公開の求人から納得出来る就職先を選択することをオススメします。

    今の給与で満足してますか?

    京都府グループホームの介護施設では待遇改善で充実しています!
    転職希望の方の多くは安い給与に不満がある!事です。今の職場で我慢して働くよりも給与UPは転職が一番です。
    最近は政府の取り組みにより給与や待遇が改善されて来ています。しかし、同じ職場に居ると給与がUPされないって事がありませんか?

    カイゴジョブ申込み

京都府介護の具体的な取組内容(労働環境の改善)

代替職員の確保等による研修機会の確保

○現任職員を多様な研修に参加させるため、研修受講中の代替要員を確保【基金】
○代替要員向けに介護職員初任者研修等の必要な研修の実施【基金】

⇒●研修受講中の代替要員を認証事業所に優先派遣、自ら処遇改善を行う事業所へ誘導し、定着を支援。
(離職率は4%台と府平均15.6%を大きく下回る結果)

エルダー・メンター制度の導入支援による早期離職の防止

○きょうと福祉人材育成認証制度において、OJT指導者やプリセプターの設置、研修の実施を認証の基準とし、事業者への研修等を通じて支援

⇒●認証事業者の増加を通じて、福祉業界全体のボトムアップ

雇用管理改善の推進 (介護ロボット導入支援やICTの活用 等)

○環境改善等促進事業(人にやさしい介護支援機器プロジェクト事業)の実施【基金】
※事業所に「介護職場環境改善アドバイザーチーム」を派遣

⇒●多角的・中立的な視点から、職員の負担軽減等、効果的な職場環境の改善

その他の「労働環境・処遇の改善」の取組

○宣言事業所への支援として、給与制度や労務管理に関するコンサルティングを実施
○各認証事業所の状況に応じた職員向け処遇改善・スキルアップ等につながる事業の実施支援
※研修・セミナーの実施、職場環境改善コンサルティング、資格取得支援等

⇒●職員の早期離職防止、定着率アップ

京都府介護の今後の取組

京都式地域包括ケアの実現、医療・介護・福祉サービスの一体的提供に向けて、推進機構の機能を十分に活用しながら次の事業展開を図ります。

■過疎地域における安定的な介護サービスの提供に向けた人材確保や仕組みづくりの取組や、「いきいきサロン」などのニーズに応じた高齢者の集い場づくりといった、地域の実情に応じた施策を積極的に展開する市町村や、専門的見地から事業展開を図る推進機構の構成団体等に対して、自由度の高い地域包括ケア総合交付金制度で支援します。

■その際、推進機構の機能を活用して、市町村や推進機構の構成団体が展開する事業について、計画段階から積極的に関与し、重複や効率性などのチェックを行うとともに、評価・分析に加え成功事例の収集と情報発信を行います。

■各分野の専門家を推進機構からスーパーバイザーとして困難事例や専門的知識を要するケースに派遣し、現場の伴走型サポートを推進します。

■京都府全域で展開する広域的な仕組みづくり(在宅療養あんしん病院登録システムなど)を推進するとともに、その定着と安定的な継続実施を支援します。

介護職員とケアマネージャーの確保

少子高齢化社会が問題とされている現在ですが、それに伴い介護に対する問題も増えてきています。

夫婦共働きの家庭が増える中で、家にご老人を1人で置いておくというのは不安が残りますよね。

1人暮らしの老人も増え、孤独死などの問題も増えてきています。

そうした問題が増えてくる中、各都道府県では介護施設を多く建設しています。

介護職員の人材不足も叫ばれていますが、ケアマネージャーの求人も施設の増加に伴い増えていっています。

施設が増えるのはいいことなのですが、介護職員はもちろん、その利用の架け橋となるケアマネージャーも必要とされています。

介護福祉施設では介護職員の求人と並行し、ケアマネージャー求人にも力を入れているわけです。

これから高齢化がますます進む中、介護福祉施設の増設だけでなく、介護職員、ケアマネージャーの確保とまだまだ課題が残されているようです。

逆をいえば、その方面の仕事を目指している方には、今後活躍の場が増えるということになります。

この機会に介護員、ケアマネージャーを目指してみてはいかがでしょうか。

あなたの希望を叶える求人があります。

カイゴジョブ申込み

介護福祉士の転職・採用・募集状況

介護士・ホームヘルパー・ケアマネージャーの転職状況

高齢者福祉の求人は現在も多く、介護士・ホームヘルパー・ケアマネージャー等の介護の仕事に携わる人に取って転職・就職率は高いです。

一時の不況を抜け出し、日本の景気は全体でみるとずいぶん回復してきました。失業率も年々、下がってきています。それでも全産業でみると、有効求人倍率は1.0を切っています。つまり、求職している人の数に対して、求人募集の方が少ないということです。

そんな中、介護分野に限ってみると、有効求人倍率は2014年度で約1.82倍。しかも、2011年の1.31からずっと伸びてきています。これは、働きたい人よりも仕事の方がどんどん増えている、ということ。介護分野は成長産業といえます。

介護の仕事に携わろうと考えている人にとっては、チャンスも多い状況なのです。

しかし、あなたの希望どおりの転職を実現するためには、知っておかなければならないことがたくさんあります。

介護士・ケアマネージャー・ホームヘルパー等の介護職の転職は、現場の実情を知らずに応募書類を提出しても、なかなか採用には至らないのが実態です。

あなたが転職したい介護関連企業に精通した専門家に相談して、転職を成功させるまでサポートしてもらうことをオススメします。

あなたの希望条件に近い就職先を無料で紹介してくれるだけでなく、転職が成功するように必要なアドバイスもしてくれます。

他産業に比べ、有効求人倍率が高い介護分野。求職者にとっては、たくさんの仕事に巡りあえるチャンスです。じっくり求人を吟味して、ご自分に向いた仕事、満足のいく転職を実現させたいですね。

先ずは施設を確認して下さい。

カイゴジョブ申込み

パート勤務するメリット

  • ご主人や子供と向き合う時間を持てる!

    お母さんは家庭の太陽でなければなりません。ご主人も子供も、外では気を使い、責任感を果たしてくたくたになって帰ってきます。家庭が充電場所になっていることが大事です。
  • 子供の成長に合わせて、労働時間を変えられる!

    子供が大きくなると、お仕事できる時間が変わってきます。土日も部活や塾に行き始めると、その間お仕事できるかもしれませんね。
    もっと大きくなると、お母さんがお仕事に行っててもちゃんとお留守番ができるようになります。そうなると、パート勤務ではなくて正社員としてお仕事できるようになるかもしれません。
    その時は、パート勤務で培った経験や知識を活かしてキャリアアップが図れます。
    今はそのための準備期間でもあります。


    ただ、ご自分の生活スタイル、働ける時間、お給料、福利厚生、キャリアアップ、などを多角的・総合的に見る目を持っているのは、転職のプロです。
    自分1人で、多角的・総合的に検討するのは困難です。
    プロの力を借りて、スピーディにパート勤務をスタートさせるのがおすすめです。

    介護の現場の特徴

    介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
    例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
    大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
    そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

    自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
    医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

    今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

    簡単登録で求人確認

    カイゴジョブ申込み

    看護師・介護士求人情報:地域検索

    他の介護施設を見る!

  • このページの先頭へ