千葉県病院 看護師・介護士求人情報

  • 高待遇の介護の求人

    今のお勤め先に不満がある方って多いですよね。
    不満の1位はお給料。
    次に人間関係と続きますが、福利厚生、有給休暇、残業が少ない・・・
    就職先に求める条件って多いですね。
    最近では高待遇の介護施設が増えて来ていますが、実は公表出来る形での求人は少ないです。
    非公開の求人の中にこそ「高待遇の求人」があります。
    一般的に売られている求人誌やハローワークの求人などは誰でも入手出来る情報ですから、平均的な諸条件しか書かれていません。
    あなたが「高待遇」の介護施設をお探しなら是非、非公開の求人から納得出来る就職先を選択することをオススメします。

    今の給与で満足してますか?

    千葉県病院の介護施設では待遇改善で充実しています!
    転職希望の方の多くは安い給与に不満がある!事です。今の職場で我慢して働くよりも給与UPは転職が一番です。
    最近は政府の取り組みにより給与や待遇が改善されて来ています。しかし、同じ職場に居ると給与がUPされないって事がありませんか?

    カイゴジョブ申込み

千葉県福祉人材確保・定着推進方針

方針策定の考え方

1)策定の背景
急速な少子・高齢化の進展等により、一層の福祉・介護ニーズの増大が見込まれる中で、千葉県では、施設整備や在宅サービス等の充実に取り組んでいますが、介護保険や障害福祉サービス等を担う施設・事業所では、必要な職員の確保・定着が厳しい状況にあり、福祉人材の確保が喫緊の課題となっています。
また、これまで福祉人材確保・定着対策については、国の経済対策により創設された「障害者自立支援対策及び福祉・介護人材確保対策臨時特例基金」等を活用して事業を展開してきましたが、基金の今後の継続は不透明となっており、平成26年度は基金は継続されるものの、27年度以降については想定できない状況であり、既存事業や他の補助制度の活用、重点事業の選定など、事業の効率的な執行を図ることが必要となっています。

2)策定の趣旨
この喫緊の課題に対して、県では、平成20年9月に「千葉県福祉人材確保・定着対策本部」を設置し、総合的な対策に取り組んできたところですが、一定の方向性の中で事業を推進することが重要であることから、県としての施策の基本的な方向性を示す「千葉県福祉人材確保・定着推進方針」を策定するものです。

3)方針の位置づけ
この方針は、福祉人材の確保・定着に係る施策を進める上での総合的な指針となるものです。この方針により、県、福祉関係団体、教育機関及び事業者等が連携・協働して、全県的に事業の推進に取り組み、福祉人材の確保・定着を図ろうとするものです。

4)目 標
質の高い福祉人材の確保・定着を図るため、以下を目標として取組みます。
(1)必要な福祉人材を将来にわたって安定的に確保する。
(2)離職率を全産業と同レベルにする。

5)期 間
一定の方針のもと、中期的な展望にたって事業を継続的に進めるため、平成26年度から30年度までの5年間を期間とします。
なお、事業の進捗状況等を踏まえ、3年を目途に方針の中間見直しを行います。

現 状

高齢化と要介護者の状況
千葉県の高齢化率は、年々増加しており、それに比例して要介護認定者も増加していくものと推計され、それに伴い必要介護職員数も増加するものと見込まれます。

介護職員等の離職率と給与水準
千葉県の介護職員等の離職率は、18.5%となっており、全産業に比べると、3.7ポイント高くなっています。
また、福祉・介護従事者の給与水準は、全産業の平均に比べ低くなっています。

介護関連職種等の有効求人倍率
介護関連職種の有効求人倍率は1.89倍、保育士の有効求人倍率は1.10倍と、全職種の有効求人倍率に比較すると依然として高い水準にあります。

これまでの取組み

取組み経緯
千葉県では、平成20年9月、総合的な人材の確保・定着対策を推進するため千葉県福祉人材確保・定着対策本部を設置し、同本部において、21年5月、新規就労者1万人、離職率16%を目標とする21年度から3か年の事業実施方針を策定しました。
以後、国の経済対策により創設された「障害者自立支援対策及び福祉・介護人材確保対策臨時特例基金」等を活用して事業を実施しています。

目標の達成状況
千葉県内の介護職の就労者数は、介護サービス施設・事業所調査によれば、平成20年の31,814人に対し、平成23年には40,670人と、新たに8,856人が就労しており、目標の 1 万人に対する比率は約89%となっています。
また、本県の介護職の離職率は、平成24年で18.5%(介護労働実態調査)となっており、方針策定直近時(平成19年)の24.7%に比較すると改善がみられますが、全国の全産業の平成24年の離職率14.8%(雇用動向調査)と比較すると依然として高い状況となっています。

課 題

これまでの取組みを通じて把握された課題
(1)福祉人材不足への対応
福祉関係については、求人数に比べ求職者が少なく、福祉人材が不足している状況が続いており、一層の人材確保が必要となっています。
※有効求人倍率(全国):介護関連職種 1.89 保育士 1.10 全職種 0.88
(職業安定業務統計 H25 年 9 月 但し、保育士は H25 年 8 月)

(2)処遇の改善
給与水準が低く人材が定着しないとの声が多く、給与関係をはじめとする処遇の改善が重要であり、引続き国への要望が必要です。また、介護職員等のスキルアップを図るための研修を充実することも重要です。
※給与水準状況(24 年) ホームヘルパー:21 万円 介護施設職員:22 万円 保育士:21 万円 全産業:33 万円(平成 24 年賃金構造基本統計調査)

(3)介護等の職場のイメージアップ
一般の方や介護分野への就職希望者等が介護等の職場に対するマイナスイメージが強いと関係団体から指摘があり、介護等の仕事のやりがいや魅力について理解を促進することが必要です。

(4)福祉・介護人材確保対策事業の周知
事業の実施数が、見込より下回っている状況であり、推進体制の強化を図るなど事業の周知をより徹底することが必要です。
※福祉・介護人材確保対策事業(24 年度):想定事業数 300⇒実績数 129

(5)即効性のある事業及び将来の土壌づくりとなる事業の推進
合同面接会や就業促進事業などを即効性のある事業の充実を図るとともに、学生等を対象とした将来に向けた土壌づくりとなる人材育成や福祉教育などの充実も必要であり、両者のバランスをとることが必要です。

今後の検討課題

(1)高齢化への対応
急速な高齢化に伴い特別養護老人ホーム等の施設の増加が見込まれる中、福祉人材
の不足が懸念され、より一層の人材確保が必要となっています。

(2)制度改革への対応
介護福祉士受験のための実務者研修の義務付けや介護職員初任者研修制度への変更など、国の人材確保等の施策に合わせた人材育成が必要です。

(3)基金終了への対応
基金が今後継続されるか不透明であり、各事業の実施が不安定な状況にあるので、既存事業の精査や他補助制度の利用等により、効果的な事業執行を図る必要があります。

(4)景気動向への対応
景気の動向によっては、他業種への人材流出による離職率の増加が予想されるため、対応策を講ずることが必要です。

推進方針

以上の課題を踏まえ、目標の実現に向けて、次のとおり5つの区分の中で12の方針を策定します。
なお、「第4章 課題」の「2 今後の検討課題」の「(3)基金終了への対応」(課題2-(3)「基金終了への対応」と表記。以下同じ)を踏まえ、基金が終了する場合を考慮し、適切な事業評価を行い、重点化する事業を選択するとともに、セーフティネット補助金等を利用するなど事業の効率的な執行を図っていきます。

人材の育成

一般の方や学生などに介護等に対する仕事のやりがいや魅力について理解を促進する

≪課題への対応≫
課題1-(3)「介護等の職場のイメージアップ」を踏まえ、イメージアップを促進し、介護職のやりがいや魅力について理解促進を図ります。

≪対応する取組≫ (※括弧内は主な担当課等を示したものです。以下同じ)
○福祉人材の確保に向けた広報・啓発 (健康福祉指導課)
福祉人材センターにおいて、ポスターや各種啓発用パンフレットの作成・配布等、福祉人材確保に向けた広報・啓発を行います。

○福祉・介護人材参入促進事業 (健康福祉指導課)
小学生から大学生や主婦等一般の方を対象に、福祉・介護等の仕事の魅力を伝えるため介護体験やセミナー等を実施する事業者等を支援します。

○福祉人材確保・定着フォーラムの開催 (健康福祉指導課)
福祉介護の現場から学生や県民に向けて仕事のやりがいや魅力等を伝えるために福祉人材確保・定着フォーラムを開催します。

地域の助け合い意識の啓発や、福祉の心を育てる福祉教育を推進する

≪課題への対応≫
課題1-(5)「将来の土壌づくりとなる事業の推進」を踏まえ、福祉教育等の充実を図り、人材の育成・確保に努めます。

≪対応する取組≫
○福祉教育推進校の指定 (健康福祉指導課)
学校や地域を通じて体系的・継続的に福祉教育を推進するために、引き続き福祉教育推進校の指定を行います。

○県立高校に福祉教育拠点校を設置 (県立学校改革推進課)
松戸向陽高校を福祉教育の拠点校とし、県内福祉関係コース等の設置校とのネットワークを構築し、福祉に関する知識や技術の習得等の集積などにより、福祉教育のレベルアップを図ります。

○県立高校に福祉関係のコース等を設置 (県立学校改革推進課)
地域や時代のニーズ、地域バランス等を踏まえ、生徒の地元への就職や地域の活性化を考慮し、福祉関係のコース等を設置します。

介護福祉士や介護職員初任者研修等の資格取得への支援を充実させる

≪課題への対応≫
課題2-(2)「制度改革への対応」を踏まえ、介護関係資格の取得支援制度等を充実させ、人材の育成を図ります。

≪対応する取組≫
○介護福祉士試験の実務者研修や介護職員初任者研修 (健康福祉指導課)
介護福祉士試験の受験要件となる実務者研修や介護職員初任者研修など介護職員等の資格取得の研修が適正に実施されるよう事業者等に情報提供等を行います。

○喀痰吸引等の研修 (健康福祉指導課)
介護職員等によるたんの吸引や経管栄養といった行為(喀痰吸引等)の実施に向け研修を行います。

○介護福祉士等修学資金貸付事業 (健康福祉指導課)
若い人材の福祉・介護分野への参入を促進するために入学準備金や学費など修学資金を貸し付けます。

○外国人介護福祉士候補者受入施設学習支援事業 (健康福祉指導課)
経済連携協定に基づき外国人介護福祉士候補者を受け入れている施設が行う日本語教育等の経費について支援を行います。

○受刑者の資格取得の支援 (健康福祉指導課)
受刑者に対し介護職員初任者研修等の研修を行うことにより資格を取得させ、出所後の福祉・介護分野への就労促進を図ります。

介護士の転職求人情報が満載!

介護サービスへの転職は、間違いなく売り手市場です!

条件のいい高待遇の介護士転職求人は、非公開求人となっていることがほとんどです。

カンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報をご案内中!



    以下にあてはまるなら、希望条件での転職をしてみませんか?

  • 今のお給料より少しでも高いところに転職したい。
  • もっと休みが欲しい。休日日数のしっかりある会社がいい。
  • 残業が少なくてプライベートな時間も確保できると嬉しい。
  • 人間関係の良好な職場で働きたい。
  • 通勤時間の短い職場に転職したい。
  • 車通勤OKの職場がいい。

職種によって仕事の内容が異なるのはもちろんですが、どのような施設で働くかによっても業務は違ってきます。主な施設の種類は以下になります。

・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)

・老健(介護老人保健施設)

・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)

・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)

・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)

・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)

・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)

・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)

・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)

・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)

・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)

・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス)

あなたの希望を叶える求人があります。

カイゴジョブ申込み

介護福祉士の転職・採用・募集状況

介護士・ホームヘルパー・ケアマネージャーの転職状況

高齢者福祉の求人は現在も多く、介護士・ホームヘルパー・ケアマネージャー等の介護の仕事に携わる人に取って転職・就職率は高いです。

一時の不況を抜け出し、日本の景気は全体でみるとずいぶん回復してきました。失業率も年々、下がってきています。それでも全産業でみると、有効求人倍率は1.0を切っています。つまり、求職している人の数に対して、求人募集の方が少ないということです。

そんな中、介護分野に限ってみると、有効求人倍率は2014年度で約1.82倍。しかも、2011年の1.31からずっと伸びてきています。これは、働きたい人よりも仕事の方がどんどん増えている、ということ。介護分野は成長産業といえます。

介護の仕事に携わろうと考えている人にとっては、チャンスも多い状況なのです。

しかし、あなたの希望どおりの転職を実現するためには、知っておかなければならないことがたくさんあります。

介護士・ケアマネージャー・ホームヘルパー等の介護職の転職は、現場の実情を知らずに応募書類を提出しても、なかなか採用には至らないのが実態です。

あなたが転職したい介護関連企業に精通した専門家に相談して、転職を成功させるまでサポートしてもらうことをオススメします。

あなたの希望条件に近い就職先を無料で紹介してくれるだけでなく、転職が成功するように必要なアドバイスもしてくれます。

他産業に比べ、有効求人倍率が高い介護分野。求職者にとっては、たくさんの仕事に巡りあえるチャンスです。じっくり求人を吟味して、ご自分に向いた仕事、満足のいく転職を実現させたいですね。

先ずは施設を確認して下さい。

カイゴジョブ申込み

未経験OKの介護職とは?

未経験だけど介護職員として働きたい!
でも、就職や転職・再就職の時には、「未経験でもOKの職場なんてあるのかな」「初心者でも転職できるかな」「うまくいくかな」「いい職場で働けるかな」「この職場に決めてしまって大丈夫かな」など、誰でも迷ったり不安になったりするものですよね。

そんな時はあなた1人で悩んでいるよりも、転職・就職など求人のプロに直接アドバイスしてもらった方がうまくいくことが多いのでオススメです。

転職・就職求人のプロに、未経験OKや初心者でも歓迎してくれる職場の求人情報を探しているあなたのサポートをしてもらってみてはいかがでしょうか?

きっと、あなた1人で探すよりも、希望の条件にピッタリの転職・就職先が見つかります。

プロのアドバイスを受けながらの転職・就職活動なら、介護職員として未経験でも、経験の浅い初心者でも、希望どおりの職場を見つけることも十分可能です!

転職支援サイトでの就職・転職成功者の声

ケアマネージャー 千葉県 (50代前半 女性)

初めての転職活動で少し不安でした。登録させていただいた一番の理由は、面接に同行していただける点でした。事前に、面接でどのようなことを重視して話をしたらよいかのアドバイスもあり、もちろん会社の情報も前もってインプットしていただき、安心して面接に臨むことができました。ありがとうございました。

【担当エージェントについて】
担当のエージェントさんには本当にお世話になりました。
一番はじめのお電話で私の気持ちをくみ取ってくださり、
なおかつ自分自身でもよくわかっていない私の適性を判断され、私に合う環境のところをご紹介して下さいました。

面接で緊張してうまく話せない私に代わって、聞きたいことをお話しして下さって、本当に感謝でした。
いつも絶妙なタイミングでお電話をくださり、私の気持ちを聞いてくださいました。
何もかも安心しておまかせすることができたのは、担当者さんのお人柄とふところの大きさのおかげさまだと思います。

就職してからも少しでも不安なことがあれば、相談できる人がいらっしゃるということは本当に心強く安心です。
どうかこれからもよろしくお願いいたします。
本当にありがとうございました。

ヘルパー 栃木県 (20代 女性)

他社を使った事がないので比較はできませんがサービス面では特に不満等はありませんでした。

【担当エージェントについて】
私からのしつこい質問攻撃にも毎回丁寧に答えて下さってとても感謝しています。
紹介頂いた職場もきちんと私の希望が反映されてて実際に働きに行くのが楽しみでもあります。
希望の地域が地域なので求人を探すのも大変だったと思います。

働きながらの転職活動は思ったよりも大変でしたがサポートがあったからこそ、いくつものやまを越えることができました。
本当にありがとうございました。
もうしばらく私からのメール攻撃にお付き合い頂くことになるでしょうがよろしくお願いしますね(笑)

ケアワーカー 東京都 (50代 男性)

今回、初めて人材紹介サービスを利用しました。
あまり期待しないで、インターネットから登録したのですが素早い連絡と希望に沿った案件の紹介に驚きました。
自分では短時間で幅広く探せませんし、希望の年収などもこちらからはなかなか言い出せないものなので助かりました。

【担当エージェントについて】
介護業界という事もあるのでしょうが、一度もお会いしないでいきなり面接同行という方法はかなりびっくりしました。
大変なお仕事ですね。
担当者さんは落ち着いていて、感じの良い方だったので安心しました。

簡単登録で求人確認

カイゴジョブ申込み

看護師・介護士求人情報:地域検索

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ